チャットワークが選ばれる理由

チャットワークを利用することで、個人向けコミュニケーションツールを業務で利用することのリスクを回避できます。

他コミュニケーションツールとの比較

メールとの比較

メールは1960年代に開発された技術であり、大量の迷惑メールや誤送信が取り消せないなど、今やビジネスにおいて最適なコミュニケーションツールではなくなりました。

メールの場合 チャットワークの場合
都度CC、BCCで受信者の指定が必要
担当者を入れ忘れてしまうことがある
グループチャットでメッセージのチェック漏れがない
大量の迷惑メールで重要なメールを見逃してしまう 迷惑メッセージが届かない
送受信できる添付ファイルの容量が少ない 転送できるファイル容量が大きい
過去のやり取りをさかのぼるのが困難 チャットログを容易にさかのぼることができる
誤送信してしまったメールは取り戻せない 送信したメッセージを編集、削除できる
返信が届くまでに時間がかかる 返信がすぐに返ってくる
メールの文章は暗号化されていないため情報漏洩が心配 全ての送受信が暗号化されていて安全

個人向けチャットツールとの比較

プライベート用チャットツールは気軽にやり取りができるため、業務時間外にも仕事のメッセージが届き、既読機能によって急いで返信しなければならないというプレッシャーが生じます。

個人向けチャットツールの場合 チャットワークの場合
仕事とプライベートのメッセージが混同 業務時間外は開かずプライベートと切り分けられる
既読機能による返信のプレッシャー 相手に既読通知が届かないため自分のタイミングで返信
個人アカウント上に機密情報や顧客情報のやりとりが残る 退職時にアカウントを削除でき、情報漏洩を防げる
過去のメッセージが検索できない 過去の全てのメッセージを検索できる
依頼したタスクのやり忘れや漏れが発生する 依頼者、担当者共にタスク機能で管理できる
端末が変わるとログが消えてしまう 全てのメッセージがどの端末で見ても同期されている

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との比較

SNSは友達から流れてくる投稿に気を取られ、業務に集中できず効率的ではありません。

SNSの場合 チャットワークの場合
仕事に関係のない友達の投稿が流れ、業務に集中できない 全てのメッセージが仕事に関係する内容
個人アカウントに機密情報や顧客情報のやりとりが残る 退職時にアカウントを削除でき、情報漏洩を防げる
いいねやコメントでメッセージの順番が入れ替わってしまう メッセージは時系列で表示され見落とすことがない
設定を誤ると全てのやり取りが誰でも見えるように公開される 誰でも見えるような公開設定がなく安心して使える
依頼したタスクのやり忘れや漏れが発生する 依頼者、担当者共にタスク機能で管理できる
プライベートな情報が仕事関係者に見られてしまう 仕事上の連絡先やプロフィールのみ共有される