ChatWork

Please add me to your contact.

消費者金融即日まとめ

ID: cardloan

  • General info
  • Contact info
Organization name:
Department / Division:
Title:
URL: http://www.mirukoko.net/cardloan/
Address:
Bio:
■よくある疑問■


→サラ金、街金、闇金は同じ様でも全く違います


お金を借入出来る業者はたくさんありますが、サラ金や街金、闇金などと規模や経営の仕方によって呼ばれ方が異なります。
パッと見るとどれもあまり良いイメージがわかないかも知れませんが、この3つはそれぞれ微妙にモノなのです。
まずサラ金です。
これは現在、消費者金融と言われているモノと同じです。
サラリーマンを主な対象として貸付を行っていた(サラリーマン金融)のでそう呼ばれていました。
きちんと承認を受け、法律で決められた範囲内の金利でお金を貸していますのでこの3つの中でも最も安心できる借入先と言えます。
サラ金と対象的な存在が闇金です。
こちらは承認を受けずに営業していますので、金利についてもかなり高い場合がほとんどです。
ヤクザがバックに付いていたり、かなり危険がある可能性も高く決して借入を行ってはいけない相手です。
他の金融で借入を断られた方も対象としてくれる場合が多いですが、それ以上に危険な存在です。
闇金は上記の2つの間的な立ち位置です。
小規模で営業しており承認を受けているかもマチマチです。
闇金的な高金利での貸付を行っている会社もあり、気軽には手を出しては危険かも知れません。
もちろん中にはきちんとした貸付を行っている会社もあります。
グレーな感じですので、その会社についてよく調べてから借入を行ってください。
同じ様で微妙に違う3つの業者。
しっかり見極めてから借入を行う必要があります。


→サラ金の無人契約機とはどのようなもの?


サラ金会社に申し込みを行う際、窓口だけでなく無人契約機を利用して契約を結ぶことが可能になっています。この無人契約機とは名前の通り店員が駐在していない契約機のことで、自分が備え付けの契約機を操作して契約の一切を執り行うことになります。
大体どのサラ金会社の無人契約機も操作方法はほぼ同じで、機械に取り付けられているタッチパネルを操作して指示通りに必要事項を記入するだけで申し込みが可能になっています。
この記入する項目は窓口で申し込みを行う際と同等のことですから、名前や住所、生年月日や勤務先、年収や他社での借り入れの有無などを記入することになります。
これらの情報は審査を行う上で必要な情報なので、もし記入している際に分からないことがあれば備え付けの電話を使用すればサポートセンターに直結しているため電話越しにサポートをうけることが可能になります。
窓口より無人契約機が優れている点は、店員と会話をする必要が無いため契約時間が短縮できることと、無人のため知人に出会う可能性が低いこと、何より審査の時間が非常に短いため即日審査、即日融資が可能になることでしょう。
店員と話すのが苦手な人にもお勧めの契約方法だと言えます。


→サラ金の取立てについて


サラ金会社の取立てについてですが、仮に返済が長いこと滞っていても、暴力団風の人が家に来て、暴行を働いたり、家にお金を返せとかのビラをばら撒いたり、落書きをしたりなど、ドラマの世界のようなことはまずありえません。
これはもちろん法律で禁止されているからですが、勤務先に押しかけて迷惑をかけたり、大人数で家に来たり、大声を出すことさえも禁止されています。
返済が滞ると、まずはハガキや電話で、返済をお願いしますと催促があります。
ここでも返済が出来ないでいると、再び催促の電話がかかってきたり、連絡が付かない場合などは、確認のために職場に電話がかかってくることもあります。
自宅にサラ金会社の人が尋ねてくることもあります。
それでも、連絡を取ろうとしなかったり、返済に応じなければ、多少のお叱りを受けることはあります。
ただ、いたって穏健かつ事務的に、サラ金の取立ては行われるので、決して怖いことはありません。
取立て自体は怖くないですが、返済を滞らせると、利息がさらにかさみますし、さらにはブラックリストに載り、将来住宅や車のローンを組めなくなったりする可能性があります。


→ブラックリストとは


よくお金を借りるときにブラックリストに載っていないかなどと聞きますが、実際にブラックリストというリストは存在しません。
お金を借りたりカードを作成する際にその方の信用調査情報をデータベース化してある信用情報機関というものがあります。
この信用情報機関には個人の借入れ状況や返済状況などがデータとして保存されているため、例えば延滞情報なども閲覧することができます。
ちなみにこの信用情報は個人でも申請すれば状況確認ができます。
いわゆるブラックリストといわれるものはこの信用情報機関に金融事故などのマイナスな情報がある場合に、一般的にブラックだ、といわれるわけです。
この信用情報機関が債務者のクレジット状況や借入などに関する信用情報を、加盟しているクレジットカード会社・サラ金会社などから情報収集します。個人の信用情報とは、個人の属性、カードやローンの契約内容・支払状況・残債額などです。クレジットカード会社・サラ金会社は新規申し込みを受けたときやカードの更新の際、これらの個人情報を照会します。それに応じて信用情報機関は集めた情報を提供しています。


■属性について■


→学生だって借入れ可能、諦める前に問い合わせを


お金に困ることがあるのは社会人だけではありません。
学生の方にも欲しいものがあれば付き合いも存在します。
親元離れて暮らす方が生活費に苦労することもあると思います。
社会人の方ならサラ金会社での借入れという方法もありますが、学生ではお金を貸してもらえない、そんな風に思っていませんか?
サラ金会社にもよりますが、学生だからと言ってお金が借りられないわけではありません。
学生の方がサラ金で審査を通る為の条件は18歳以上でバイトでも構わないので安定した収入があることです。
収入によって借入れ可能な額は変わってきますが、少額だから契約出来ないなんてことはありません。
大切なのは安定した収入があることです。
その他にも既婚でパートナーに安定した収入がある場合なども審査をパスできる可能性があります。
それらの判断は申し込んだサラ金会社によって変わってきます。
ですので諦める前に問い合わせをしてみることです。


→専業主婦で収入ゼロでも、総量規制をクリアすることは可能です


生活を行っていて、お金が必要になる場面は多々あります。
冠婚葬祭はもちろん、友達からの急なお誘い等など。
手元にお金があれば良いのですが、そうはいかない時みなさんはどうしますか?こんな時に頼りになるのがサラ金です。
ですがこのサラ金も専業主婦の方にとっては気軽に利用出来るモノではありません。
何故ならそこには総量規制と言う壁が存在するからです。
これは、年収の3分の1までしか借入れを行うことが出来ないという規則です。
無理な借入れを行わせないためのルールなのですが、このおかげで収入がゼロである専業主婦は借入れが難しくなっているのです。
ですが、決して不可能ではありません。
実は総量規制は配偶者との合算した収入も対象としているのです。
つまり専業主婦で収入がゼロであっても、旦那さんにキチンと安定した収入があれば借入れは可能です。
ただ結婚している証明や旦那さんの同意書などが必要となってきます。
普通よりも手続きが面倒になるため、あまり歓迎はされません。
そのため、多くのサラ金で専業主婦は借入れを断られてしまうのです。
ですが、中には受け入れてくれる会社も存在します。
専業主婦の借入れ自体はルール違反ではありません。


→自営業者がサラ金からお金を借りる場合の一般との相違点


サラ金では、安定収入さえ得ていれば雇用形態を問われないケースが増えています。
その為、ある程度の継続的な収入を証明することが出来れば、自営業者でも問題なくサラ金からお金を借りることが可能なのです。
自営業者がサラ金からお金を借りる場合、借りる目的によって利用できる商品が違ってきます。
事業資金目的であれば事業者ローンを、その他の生活費等の目的で借りるのであれば、一般のサラ金を利用することになります。
事業資金以外の目的で一般のサラ金を利用する場合、通常のサラリーマンとは異なり、融資希望額が少なくても収入証明書の提出が求められるケースが多くなります。
自営業者なら、毎年確定申告を行っているはずです。
サラ金の審査の際に確定申告書の写しを提出して安定的な収入を証明することで、自営業者でも融資への道が繋がるのです。
その他の審査ポイントは、一般のサラリーマンと同様になります。
他社から高額な借り入れがあるなどのケースを除けば、自営業者でも比較的審査には通過しやすいです。


→年金収入者でも全てではありませんが借入可能です


長きに渡る会社生活を勤め上げての年金生活。
今までと違い、毎日通勤をする必要もなく悠々自適な生活が過ごせるととても楽しみにしている方も多いはずです。
とは言っても、年金生活もそんなに余裕があるわけでもありません。
どうしてもまとまったお金が必要になる時もあります。
そんな時は借入を行って乗り切るという手段がありますが、働いている時とは違い借入可能な所は限られてきます。
その理由は年齢制限と収入の問題です。
借入希望先によって変わってくるのですが、各社借入可能な上限の年齢を定めています。
まずは年齢制限内であることがポイントですが、ほとんどが65歳~70歳までです。
次に収入についてです。
サラ金には総量規制と言うルールがあり、年収の3分の1までしか借入が出来ません。
年金については収入と見るかどうか、判断が難しく会社によっては収入と見ない場合もあります。
ですので、年金を収入とみなしてくれる会社を探すか銀行系の様に総量規制対象外の会社である必要があります。
会社によって違って来る話ですので、問い合わせを行って話を聞くほうが確実です。


→外国人でも可能なキャッシング


生活していくには絶対にお金が必要です。
そして、思わぬ時にお金が必要になり苦労してしまう時が誰にでもあります。
そんな時に頼りになるのがサラ金です。
お金のピンチは生活している全ての人に訪れる可能性があります。
それは日本で暮らしている日本人だけではなく外国人の方にも。
家族や知人があまり多くない方にとっては助けを受けることが出来ずに本当に大きな問題になります。
サラ金会社はそんな外国人の方の助けになってくれます。
ただ、外国の方の場合はいくつか必要な書類があります。
最も大切なのは永住許可です。
これは入国管理局で取得が出来る在留資格なのですが、これを持っていれば審査に通れる可能性も高くなります。
もし永住許可が無いのであれば、審査に通る可能性はかなり低くなります。
ですが外国人登録証があれば可能性はゼロではありません。
永住許可が無い場合、受け付けてくれない会社が多いのですが、中には外国人登録証があれば申込可能な会社もあるのです。
いずれにしてもきちんと住んでいる場所があり収入も安定していることが大前提ではあります。
条件を満たしていれば、外国人の方もサラ金利用は可能性があります。


■消費者金融を利用した後の影響■


→借金にも時効はある、でも成立は簡単ではありません


刑事ドラマなどを見ていると「時効」と言う言葉を耳にすることがあると思います。
ドラマで聞く時効とは知っての通り、事件が起きてから一定期間が経過したことによって罪が問われなくなることですが、サラ金での借入れにも時効が存在することはご存知ですか?この場合の時効は最後の返済を行ってから5年で成立します。
ただ、時効が成立したので払いませんよと借入れを行っている側が相手側に通知してこそ効果を発揮します。
なら5年間どうにかして逃げ回れば借入れがチャラになる?と、言うわけでも無いのです。
この時効が成立するまでの5年間の間にお金を貸した側が裁判所に対して訴えを起こすなどした場合は、そこで中断してしまうのです。
しかもこの中断は一旦停止ではありません。
ゼロに戻ってまたやり直すことになるのです。
ですので、相手が取り立てを諦めずに中断を繰り返していれば時効は成立しません。
また、借入れ側が返済する意志を示した場合も時効は中断してしまいます。
この様に時効の成立を期待することは中々難しいのです。
それ以外の解決方法を模索する、これが大切です。


→サラ金から借りていると住宅ローンに影響ある?


住宅ローンを借りることを予定している方の中でサラ金に借金がある方もいると思います。
世間では「サラ金に借金がある人は住宅ローンが借りられない」という噂があったりします。
果たして、サラ金に借金があると住宅ローンの審査に影響があるのでしょうか。
これはズバリ言うと、影響があります。
住宅ローンの審査を受ける場合、サラ金からの借金はかなりマイナスに評価されることは間違いありません。
もちろん、そうした借金があると、絶対に住宅ローンが借りられないというわけではありません。
ですが、かなり審査に影響するのは間違いありません。
もし、住宅ローンを借りることを考えているなら、早めに、頭金を使ってでもサラ金の借金を返済してしまいましょう。
また、全額返済してしまえば大丈夫と思うかもしれませんが、しばらくは借金の履歴が残っています。
ですから、収入が低いといった、もともと住宅ローンの審査が厳しい方は、履歴として残る審査の5年以内にサラ金からお金を借りることは避けるべきです。
もちろん、お金の滞納などの金融事故は絶対に避けないといけません。


→サラ金からの借金の相続


亡くなった親がサラ金やカード会社から借金をしていたと判った場合誰でも慌てます。
財産の相続放棄をすれば債務も免除されるというのは多くの人が知っています。
そんな時サラ金会社から相続人に対して債権放棄の書面を送ってきたら渡りに船とサインしてしまうでしょう。
でも長い間多額の借金をして返済し続けていた場合過払い金が発生していることがよくあります。
相続を放棄してしまうと過払い金の請求も出来なくなります。
そして債務者が亡くなると過払い金の請求も出来なくなると思っている人が意外と多いのです。
また故人が完済していても10年経って居なければ過払い金請求が出来ますので、相続放棄する前に実態を調査することが大切です。
調査の結果過払い金がなく、借金だけが残るようでしたら相続放棄すればよいのです。
貸し手にとって相続放棄は過払い金返済を免れる絶好のチャンスですから、あわてず弁護士や司法書士などの専門家に依頼してよく調べて決めましょう。
相続放棄はそれからでも遅くはありません。


■ブラック属性について■


→自己破産した後でも、サラ金から借入ができるのでしょうか


借りたお金を返済することができず自己破産してしまったという事故情報は、信用情報機関に記録として残ってしまいます。
その履歴があるために融資を受けた金額を返済できるという信用を失ってしまい、サラ金を利用する際に受ける審査に通ることができなくなってしまうのです。
しかし自己破産した記録は、いつまでも残り続けるわけではありません。
サラ金会社の80%以上が加入をしている信用機関であるJICC(日本信用情報機構)の事故情報は5年間保有されることになっていますが、それ以降は消去されて残りません。
もし銀行からお金を借りていればJBA(全国銀行個人信用情報センター)の事故記録は、10年間残ることになります。
本人ならば開示請求をすることができますので、現時点での自分の信用情報の内容を信用情報機関に問い合わせて調べてみることも可能です。
自己破産をしてから6年~7年以上が経過しており、現在自営やパートなどでなく正社員として会社勤めをしていて安定した収入があれば、サラ金から借り入れができる可能性は十分あります。
しかし、自己破産をしたときに借り入れをしていたサラ金業者を避けて、他の業者を選んだほうがよいでしょう。
業者は個別で履歴を管理保有していることが考えられるからです。
借り入れをする金額も少額にして借りたら必ず返すようにしていけば、次第に利用限度額を増額してもらうこともできます。
自己破産をしたのであれば、その時の苦労は並大抵ではなかったはずです。
つらい経験を無駄にすることなく、消費者金融の計画的な利用を心掛けたいものです。


→生活保護だけど、サラ金から借入できるの?


基本的に生活保護受給者は、サラ金からお金を借り入れすることはできません。
これは法律で定められているので、最悪刑事告訴にも繋がる話しになります。
ですが、一部のサラ金会社では貸し付けを行っている会社もあるようです、これは違法行為にあたりますので、借り入れをする側も、貸し付けをする側も同様に罰せられますので、生活保護を受けている人は借り入れできる会社を見つけたとしても、絶対に借り入れをしてはいけません。
大手サラ金会社の場合ですと、申し込みをした時点で審査に通ることは絶対にありえませんので、申し込みをするだけ無駄に終わってしまいます。
生活保護は税金でまかなわれていますので、そのお金を借金の返済に使用することは認められていません。
ということからも借金をすることはできないことになっています。
そもそも日常生活をする上で必要最低限のお金を支給されているのですから、借金をするような生活を見直すことをするべきでしょう。


→無審査、その甘い言葉の先には明るい未来はありません。


サラ金でお金を借りるには審査に通る必要があります。
誰にでもお金を貸していては、返済をきちんとして貰えずに貸した方が損をしてしまうかも知れないからです。
返済をきちんとしてくれると信用出来る相手だけに借入れを認める、これは当たり前のことと言えますし、審査を通過できた方は無理の無い利用が出来、自分自身も守られることになるのです。
ですが、審査に通れずに借入れが出来ない方もいます。
そんな方に救いの手を差し伸べる無審査に近い形での借入れが可能なサラ金会社もあります。
大手のどこでも借入れ出来なかった方が、そこでなら借りられる。
こんな助かることはありません。
ですが、本当にそれで助かるのでしょうか?
返済可能な能力があるかどうかを見極めずにお金を貸す、それをただ親切で行っていると思いますか?
これは本当にお金に困っている方を取り込み、いつまでも利息を取り続けることが目的で行われていることがほとんどです。
いつまでたっても終わらない返済を続けることになる場合が多いのです。
借入には審査が必要、このルールを貸す側も借りる側も守っていない状況です。
その先には何があるかわかりません。
無審査、そんな甘い言葉に惑わされるのは危険です。
お金を借りると言う意味、それを考えれば答えは出ます。
場合によっては法的な方法を取り破産してやり直す方が良いこともあります。
人生を棒に振る様な借入、それだけは絶対にしないでください。


■家族・知人の借金■


→配偶者の借金は夫婦2人の責任?


いつの間にか旦那さんや奥さんがサラ金からお金を借りていた。
そして、返済が滞りとても困る状態になってしまっていた。
こんな時、みなさんはどうしますか?力を合わせて返済を行う、これはとても素晴らしいことです。
ですがこれは義務ではありません。
配偶者が借入を行っていても、その妻や夫が返済を肩代わりしなくてはいけない法律は無いからです。
逆に血の繋がりなどはなくても代わって返済の義務を負わなくてはいけない場合もあります。
それは連帯保証人などになっていた場合です。
これはもしもの時は自分も責任を負いますと約束していたことになりますので、当然の如く支払いの義務が生じます。
ちゃんと返せるだろうと軽く考えて保証人になるのは危険です。
また、もしものことがあるのですから気軽に保証人のお願いをするのも考えものです。
家族の問題は家族で解決するのが1番です。
ですが、保証人でない限りサラ金の借入においてはそれは義務ではないのです。


→親子で血の繋がりがあっても、借入を手助けする義務はありません。


サラ金でのお金の借入は人にはあまり知られたくないものです。
知人は元より親や子供、家族にも隠したいことかも知れません。
実際、親や子供がサラ金で借入を行っていても気づかない場合はほとんどです。
もちろん、無理無くきちんと返済出来るのなら無用な心配をかけない意味でも教えなくても問題はあまりありません。
ですが、もし何かトラブルが起きてしまった時には信用を失うだけでは無く助けても貰えないかも知れないのです。
何故なら例え血の繋がった親子であっても、代わりに返済をする法律は無いからです。
助けてあげようと言う気持ちから手助けをしてくれるかも知れませんが、それは義務ではありません。
保証人にでもなっていない限りは血が繋がっていても関係ないのです。
それは逆に他人であっても保証人になってしまったら、いざという時には肩代わりしなくてはいけなくなるという意味でもあります。
黙ってお金を借りておいて、もしもの時は親を頼ろうという考えは危険ですし、親がサラ金で大きな借入をしていてもそれが子供の負担にならなければいけないわけでもありません。
支払いの義務はあくまで契約した本人にあります。
お金に関するトラブルは血縁だからと言って、必ず巻き込まれなくてはいけないわけではありません。


→兄弟であっても肩代わりする義務はありません


家族がサラ金で借入をして、返済に苦労していたらみなさんは助けますか?そして、それは義務だと思いますか?もし借金で首が回らない状態になっている方が自分の兄弟だったとしても、一緒になって返済しなくてはいけない義務はありません。
返済しなければいけなくなるのは、借入時に保証人になっていた場合のみです。
それ以外の場合は例え借入先から強い口調で返済を迫られたとしても、力を貸す理由はありません。
ただ同居している場合は注意が必要です。
借金でどうにもならなくなり破産などとなった場合、家や家財道具が差し押さえられてしまう可能性があるからです。
そうなってしまっては一緒に暮らしている家族にも悪い影響が出てしまいます。
そうなる前に力を合わせて解決策を考える必要があります。
兄弟であってもお金の問題を一緒に背負う義務はありません。
ですが、被害を被る可能性はゼロではありません。


→友人がお金を返してくれないとき


結論から先に述べる形になりますが、友人が約束の期日までにお金を返さない時は、法的には債務不履行と呼ばれる状態であり、返済を求める事は可能です。
また、このような例でよく「時効だ!」と主張する方などは多いですが、一般的に個人の金銭債務の場合は民法において時効は10年ですから、現実に達してしまう可能性は低いでしょう。
とはいえ、この返さないという状況は厄介なものです。上記の「返済を求める事が可能」という権利は返せと請求できるだけであり、「無理矢理取り上げる」という部分まで保証したものではない為、友人が返済の意思を見せない場合はどうにもならないのです。
実際問題として、何かの損害賠償などにおいて、道徳的に明らかに払う必要があったとしても相手が支払いをしない場合にはどうしようもない事が多く、取り立てる為にはそれなりの法的処置手続きを行う必要が求められます。
また、友人であるからといって、脅迫や暴力で回収を行ったり、勝手に友人の財産を盗んだりしてしまっては貸した人が責任を問われてしまいます。最悪の場合刑事訴訟の問題にも発展するリスクがあるのです。
では、どのような対処が法的に理想的かという話になります。貸したお金が60万円以下である場合は、少額訴訟の判決を得て、債務名義から強制執行を行う形が理想的な対応手段となります。
簡単に言うとお金を返せという裁判をする事になりますが、この判決には大抵の場合は債務名義というものが付属してくる点が特徴で、銀行口座の差し押さえなど、無理矢理取り上げる事が可能となるのです。また、少額訴訟の場合は、仮執行宣言が付帯してくる事が通常である為、無理矢理取り上げる強制執行の手間も短縮されます。更に少額訴訟の場合は弁護士を雇う必要がない為、負担軽減のメリットもあるのです。
60万円を超える場合は、残念ながら少額訴訟は使えない為に、通常の裁判を行う形となります。60万円を超えるような紛争の場合はそもそも弁護士を雇って裁判を起こす覚悟をしなければ解決できない事が多い為、友人レベルでの解決は諦めざるを得ない事が多いでしょう。手間もかかりますが、安易な手段での回収は難しいと思われますので結局は法廷に頼る事になります。
いずれのケースにおいても、お金を貸した事実を誤魔化されない証拠の有無がキーポイントとなります。
万が一なければ債務の確認という行為を行う事で時効の中断と共に債権債務関係の明示ができますから、銀行口座との預金記録や振込み記録などと併用して証拠作りから始める必要が出てくるでしょう。

By adding 消費者金融即日まとめ to your contact list, you can start a direct chat.

When you login to ChatWork, you will see the "Add Contacts" window, feel free to add and grow your network!

New to ChatWork? Join today!

ChatWork is a business chat tool where you can chat, manage tasks, and share files for free.