働くことは誰もがもっている権利です

私たちは「世界の働き方を変える」というミッションを基に、すべての方が効率的に働ける環境を提供します。

働き方が多種多様な今だからこそ、能力や状況に関係なく誰でも情報にアクセスできる状態を作らなければならないと考えています。このアクセシビリティ方針は、私たちがなぜアクセシビリティに取り組まなければならないのかを社内外で啓蒙していくためのものであると同時に、実践へ繋げるためのものです。

この方針をもって、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」及びWeb Content Accessibility Guidelines(WCAG)2.0に適合するWebサイトの作成とサービスの提供を目指します。

対象範囲

対応フロー

ChatWork株式会社のワークフローとアクセシビリティ対応を照らし合わせ、以下のように定義します。

対象者は開発のみにとどまらず、プロジェクト起案者までも対象とし、全社的に取り組んで行ける状態を目指します。

  1. プロジェクト立案時に、必ずアクセシビリティ対応についての要件定義をおこなう
  2. 情報設計の段階で表現と見た目をJIS X 8341-3:2016及びWCAG 2.0に沿って制作
  3. チェックリストに沿ってマークアップ、実装
  4. 検証項目に則り、対応度の確認
  5. 更新時に一定以上の品質を担保できるように、公開までフローを実践・持続

目標とする適合レベル及び対応度

2017年4月17日 制定
ChatWork株式会社